自然の仕組みを知れば!SEO対策は怖くは無い?外部からのページに意識を向けよう!

リンクを張るページも検索エンジンは見ている

SEO対策を行う場合は、上位表示を狙うページに対して構造を最適化させなければなりませんよね。そのページに対して外部から狙っているキーワードを扱ってリンクを張る事も一般的です。検索エンジンは外部からのリンクに対してもチェックをしている可能性もありますよ。外部のページからのリンクが一つであれば不自然な形になりますよね。様々な外部のサーバーから同じパターンを繰り返せば、SEO対策に特徴が現れペナルティになる可能性もあります。SEO対策を行う場合は、外部からのページから目的と違うページへ適度にリンクを張る事もポイントです。

外部からのページに対しても画像も利用する

SEO対策を行うための外部ページ作成は、煩わしい作業と言えるかもしれません。煩わしいと思われている方の中には、画像を扱わず文章のみのページで外部対策を行う人もいますよね。現在のWebサイトの多くは、何かしらの画像が扱われています。文章のみのページからの外部リンクは、不自然な姿に映ってしまうかもしれませんよ。外部のページの質が良ければ、SEO対策の効果のみならず実際にそのページからアクセスされる可能性もあるでしょう。上位表示を狙うページも含め、大きな一つのWebサイトとして扱う思いも大切です。

検索エンジンはCSSも見ているかもしれない

従来のSEO対策は、中小の検索エンジンを利用して、そこから外部リンクを張る事によってSEO対策が行われていましたよ。現在は、スパム行為と判定されやすく、SEO対策として推奨されていません。この中小の検索エンジンの姿には、名前を変えただけの似ているデザインで構成されている場合がほとんどだったのです。現在の検索エンジンは、CSSも見ている可能性も高く、同じデザインを現すCSSは注意も必要ですよね。テンプレートとして無料で配布されているデザインは、同じCSSを不特定多数の方も扱っていますよ。検索エンジンは、様々な内容に対して、出来るだけオリジナルティは高いほうが望ましいと言われています。そのためSEO対策を行うための外部サイトに対するデザインは、オリジナルティを高め独自性を作り出して行く事もポイントです。

SEOとは検索エンジン対策です。たとえどんなにすごいホームページでも検索したとき見てもらえなければ意味がありません。ホームページ作成とSEOは覚えておきたい知識です。