こんなに簡単なの?ビジネスをスタートする方法

資金集めは多くの手段から選べます

起業資金は銀行から低利で借りる以外にも幾つかの方法があります。一般企業にプレゼンに行って資金を得る方法は意外と行われていないです。資金に余裕のある会社であれば、投資する意味合いでこれから生まれる会社に出資してくれることがあります。将来的には出資される会社と出資する会社がパートナーシップを結ぶきっかけになるので徐々に注目されています。また、ベンチャーキャピタルから出資してもらう選択肢を選ぶ社長も多くなっています。その場合は資金とアドバイスの両方を得ることができるんですよ。

設立後すぐに外注するという選択肢もある

資金を節約するためにもオフィスはレンタルオフィスを借りて経理や総務などの業務は外注するとかなりの節約になりますね。特にIT関連のサービスを行う会社の場合は、グラフィカルユーザーインターエフィスやソフトウェアの設計などを外注する傾向にあります。長期的にエンジニアを外注で使って、もし相性が合えば直接雇用で雇う選択肢もあるんですよ。会議をするときは遠隔で行えばよいので、実際に会わなくても十分コミュニケーションがとれますね。

優秀な人材を確保しておけば有利ですね

起業してからすぐに消えてしまう会社が多いのですが、人材の面でも準備しておくことでリスクを回避できます。会社を設立する前の時点で、多くの企業の重役や影響力のあるキーパーソンと深い関係になっている人を雇い入れておくのです。そうすれば勢いよくその会社のビジネスをスタートできますね。スピードということに関して言えば、昨今の会計ソフトメーカーのなかには定款を作るためのオンラインツールをリリースしていますよ。そういった機能を使えば時間がかかる会社設立に必要な手続きを大幅に短縮することができますよ。

フランチャイズとは未経験からでもオーナーになれる方法で、本社や本部からお店の看板、確立されたサービスや商品を使う権利をもらい経営を始めることです。