就職試験でよく出る適性検査!どんなことが聞かれるの?

適性検査で分かることとは

就職試験などで受ける機会の多い適性検査ですが、どうしてこのようなものを受けないといけないのか疑問に思ったことはありませんか?自分の何を見られているのだろう、と不思議に思うような質問も多いですよね。適性検査では、知能や学力検査、性格検査が行われます。学力検査では、一般常識があるか、今まできちんと勉強して来たか、などのポイントが見られます。また、その仕事をする能力があるかないかの判断材料とされることもあります。

性格検査では何が分かるの?

適性検査の性格検査では、その人のコミュニケーション能力やストレス耐性度、感情が安定しているか、向上心があるかなどが分かってしまうと言われています。また、質問の中には嘘をついていないかが分かる問題も含まれているため、自分を良く見せようと嘘の回答をするとバレてしまいますよ。企業は、面接では見抜ききれないその人の人となりを知るために適性検査を行います。適性検査の結果次第で、不合格になってしまう場合もあります。

適性検査で落とされないためにできることは?

適性検査でポイントが高いパーソナリティは、忍耐力があり持続する能力があることや慎重であること、向上心があることなどです。逆にポイントが低いのは、内向的な性格であることや気分にむらがあること、自責的である性格です。企業はコミュニケーション能力があってストレスに強く、成長できる人間を求めているのですね。嘘をつくのはいけませんが、日ごろからそういう人物像を目指して行動しているとよいでしょう。また、適性検査では同じような問題が繰り返し出てきます。解答に一貫性がないと評価が下がりますから気をつけましょう。

面接を行う際に適性検査を行う会社がかなり増えており、中には求人サイトにあらかじめ予習を勧めている場合もあるそうです。