大事な荷物もこれで安心!?引越し時のちょっとしたコツとは

どこに収納したのか分からなくなってしまわない様に

荷作りをさっさと進めてしまうのは引越し当日を楽に迎える為にも大変重要な事。確かにそれは間違いでは無いのですが、あまりに見境無く手当たり次第にダンボール箱の中に荷物を詰め込んでしまうと、後でそれらの中から特定のアイテムを探す際、大変ですよね。そうならない様にやはり対策は必要で、ダンボール箱の表面に内容物を記入したタグを取り付けたり、あるいはダンボール箱を閉じる前に内容物の状態をデジカメで撮影しておく、といった工夫が功を奏するでしょう。

輸送中に振動し破損してしまわない様に

大事な荷物を引越しの輸送中に破損させてしまった事はありませんか?それら原因の多くはダンボール箱への梱包の仕方にあるものです。ダンボール箱の容量に対しあまりにも余裕を持たせ過ぎ、無駄な空間を多く取りスカスカに梱包してしまった場合、輸送中の振動で内容物同士がぶつかり合い、破損してしまう恐れが高いのです。特に割れ物の場合注意が必要ですよね。梱包の際はなるべく内容物との間に無駄な隙間が出来ない様密に行う一方、割れ物あるいはどうしても空間が生じてしまう場合はその間隙に緩衝材を詰める等して、振動が起きない様にするのがベストでしょう。

大事な荷物は最後に自らの手により運搬を

引越し業者に任せても良い荷物は厳重に梱包し、輸送時のトラブルが発生しない様努める事は大事ですが、それでも少ない確立ながらも破損のリスクは存在し続けるもの。万が一の時の保険や賠償制度がしっかりしている業者を選ぶのはもちろんの事、どうしても業者に任せるのが不安という大事な荷物に関しては、引越しの最後に自らの手で運搬するのがベストでしょう。それらの荷物は事前の荷作りあるいは片付けの際に予め区分けしておき、引越し当日に混乱しないで済む様にしておくべきですよね。

不用品の回収とは、家具、家電、衣類など不要になったものの引き取りで無料のものと有料のものがあります。